陰茎増大手術は痛い?手術前・最中・後の痛みについて

太く大きくは多くの男性の憧れであり、そのまま人生哲学としても使える言葉です。亀頭増大や陰茎増大を試みたくなる理由には、そのような背景もあります。性行為のパートナーに喜ばれることはもちろん、立派な陰茎を持っていると誇らしささえ感じるという方も少なくありません。陰茎増大の手術自体も日帰りの数分で済むという手軽さ。

経済的事情さえ合えば、すぐにでも手術を受けたいものです。
しかしながら陰茎増大は、陰茎に注射針を刺したり切開したりする手術。想像しただけで痛みを感じてしまいます。麻酔を打つとはいえ、実際のところはどうなのでしょう?陰茎増大手術の痛みについてご案内します。

陰茎増大手術は本当に痛いのか~手術前の痛みとは?

痛みの感じ方は人によって異なるので、ひと括りにはできません。麻酔の効果も人それぞれ、麻酔の注射針が刺されることで、すでに痛みを伴うこともあります。

クリニックや医院によって、陰茎増大手術における痛みの表現はさまざまです。ある医院では痛みを極力抑える手術法をうたい、別のクリニックでは無痛麻酔だから安心ですと語ります。いずれも「痛い」という前提での話、その先入観を軽減するためのキャッチコピーです。ずばり、陰茎増大手術は痛い、と思われた方が後々安心でしょう。

痛みには身体的痛みの他に心の痛みもあります。心の痛み、それはコンプレックスです。なぜ陰茎増大手術を受けようと思い立ったのかというと、ご自分のペニスの小ささにコンプレックスを抱いていた、あるいはパートナーを満足させられていないからです。良心的なドクターは、手術前のカウンセリングでこの心の痛みを取り除いてくれます。

ペニスが太く大きくなることで、コンプレックスが解消され心の痛みがなくなるわけではありません。むしろ、ご自分が悩みを打ち明け一歩前へ踏み出したことが、ペニスを太く大きくさせるのです。まずここで、手術前の心の痛みが取り払われます。

陰茎増大手術中の無痛麻酔とは?

陰茎増大手術ので始めに感じなければならない麻酔注射の痛み。注射針の刺しこまれる瞬間は、見ているだけでも痛いと感じるものです。献血や健康診断の採血など、肩や腕の注射でさえ痛いのに、陰茎への注射となると想像を絶するものがあります。

しかしながら、多くのクリニックで痛み軽減のための対策が講じられているのは確かです。できるだけ痛みを感じさせないために特殊な極細の針を使って麻酔注射するクリニックもあれば、シールやクリームの塗布による麻酔を行う医院もあります。口にマスクを当て、麻酔ガスを吸引させる方法は幼児の手術にも用いられる麻酔方法。

まったく痛みを伴わない完全無痛麻酔です。また、点滴の中に睡眠効果のある薬品を入れる静脈麻酔を行う医院もあります。いずれの麻酔方法も陰茎への痛みはなく、いつの間にか眠りに就くという麻酔です。そして、すっかり寝入ったことが確認されると局所麻酔、手術開始となります。

目が覚めたときには手術が終わっていたというのは誰もが描く理想。患者の感受性による個人差はありますが、専門家たちのさまざまな試みが功を奏し、陰茎増大手術は痛いというイメージが払しょくされつつあります。実際の手術時間は数分程度と言われる陰茎増大手術。手軽で安全に施術できることで、ニーズも高まっています。

陰茎増大手術の方法と術後の痛み

陰茎増大手術は麻酔の効果がすべてです。局所麻酔による意識のある中での手術がよいか、眠りの中での手術が好ましいかは患者それぞれの判断に委ねられます。麻酔の効果には個人差があり、手術の痛みで眠りから目覚めてしまうこともないとは言えません。麻酔効果については、あらかじめ施術者と相談しておくことが必要です。

陰茎増大手術の方法は大きく2つに分けることができます。ひとつはヒアルロン酸や脂肪を陰茎に注入する方法、もうひとつはグランセンサーを解除する方法です。ヒアルロン酸や脂肪の注入はもちろん注射器で行われますが、麻酔効果があれば痛みを感じることはありません。数分で終了し、身体にも何ら影響がないという触れ込みで、比較的手軽に行われている施術法です。

グランセンサーとは、陰茎海綿体の膨張を抑える中隔のことを言います。つまり、グランセンサーを取り除くことで陰茎は最大限膨張できるというわけです。この手術の所要時間は約1時間。もちろん当日帰宅が可能ですが、麻酔効果でぼんやりしていることもあります。公共交通機関を利用するのが望ましいでしょう。

手術後の痛みは勃起時に現れます。けれども、針でチクチクする程度のツッパリ感です。我慢できないときには痛み止めの服用をお勧めしますが、やがて緩和し、痛みはなくなります。

参考HP
陰茎増大の手術って終わった後痛くならないの?とお考えの方
専門クリニックは24時間対応のアフターケアにて陰茎増大術後の痛みが出てもすぐにサポート

メンズサポートクリニック
新宿院:東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
横浜院:神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階
0120-215-007 (24時間対応)

まとめ

陰茎増大手術の痛みは麻酔の効果次第です。患者の中には注射嫌いという方もいるので、施術者はさまざまな試みで手術を受けやすい環境づくりに励んできました。
イメージとして、陰茎増大手術は痛いのです。けれども、その手術は深い眠りの中で執り行われ、目が覚めたときにはすっかり増大した陰茎と出会えます。個人差はありますが、痛みを感じることはほとんどないと言っていいでしょう。
術後に関しても然りです。チクチクの痛みも勃起時のみで人によって異なります。やがて消失する痛みですので心配することはありません。ただし、手術や注入剤の副作用など現れ始めたら、すみやかな対処が必要です。すぐに施術者、医療機関へ相談しましょう。